高品質のIT製品とサービスの提供を通じて、豊かで安心して暮らせる社会の実現に貢献します。
トップへ

ホーム製品情報>福祉用具レンタル管理システム れん太壱番

■れん太壱番とは


当社が、介護保険制度開始前からレンタル事業者様向けに開発したシステムをベースに、
現場の声を反映した改良を重ね、進化を続ける業務システムの決定版です。
制度改正・報酬改定により一層厳しさを増す選別・淘汰が進む中、お客様の課題解決を推進し、
新たな付加価値の創造・揺るぎない経営基盤の構築を、「れん太壱番」がサポートします。

■事業者様が直面する課題


      
営業の効率化
競争に勝ち抜くためには、「少し安いだけの、御用聞き営業」から「高い専門性や商品知識を持ち、費用対効果を認められる営業」にシフトし、営業マン一人一人の利用者数を増やす必要があります。又、利用者が増えてもサービスを低下させない体制構築には、営業マン自身の負荷を軽減する運用見直しが急務です。
      
事務の効率化
国保連合会や利用者・法人への請求、未収金管理、福祉用具サービス計画、モニタリング、住宅改修、特定福祉用具販売の管理を別々のシステムで管理している状況では、重複作業を強いられ、労働時間と人件費は増加する一方、労働人口が減少し人員確保が難しくなる中、事務作業の効率化と適正な人員の再配置は急務です。
      
物流の効率化
自社品の入出庫や消毒情報等をタイムリーに捉え、自社品を効率的に活用し、在庫を最小化する取り組みが必要です。また、徹底されたトレサビリティ情報の収集・公開は、ケアマネ様や利用者様、ご家族様にも大きな安心感をご提供できます。

      

■よくあるご質問


      
現行システムかられん太壱番へのシステム移行期間はどの程度ですか? 約2ヶ月の準備期間での本番稼動が目安です。データ件数が多いほど、請求チェックにも時間を要しますので、お客様のペースと調整しながら、本番稼動へと責任を持って進めて参ります。
導入実績はどの程度ですか? 全国で約200の福祉用具貸与事業所様にご愛顧頂いており、福祉用具貸与利用者(被保険者)数は、全体の約3〜4割をカバーしています。また、レンタル卸会社様にも、請求・物流システムとして、ご愛用して頂いております。
システムを実際に見てみたいので、デモを見学したい。 お客様を直接訪問してのデモの他、インターネット経由でシステムをお試しいただける環境をご用意しておりますので。お気軽にご相談ください。
システム導入〜本番稼動の流れを知りたい。 以下の流れに沿って進めて参ります。本番稼動までお客様のペースに合わせて調整していきます。                 
  • データ移行作業
    既存システムからマスタ情報や利用者情報等を移行する他、口座振替のテストを行います。         
  • 訪問指導(1回目)
    受注〜契約等の日常処理のご説明を行います。         
  • 訪問指導(2回目)
    国保伝送本番、請求・入金等の月次処理のご説明を行います。         
  • 請求指導以降は、システムの導入規模やオプションメニューの有無に応じ、必要な指導回数をご提案します。        
導入後のサポートはどのような対応になるのか?四国(香川県)は遠方で、サポート面が不安。 電話、FAX、メールによる対応の他、お客様専用のサポートページをご用意しております。また、問い合わせ内容に応じてリモートサポートを実施し、お困りごとの解決のサポートをしますので、専任スタッフが隣にいるような安心感でシステムをご利用いただけます。
営業所が複数でもシステムの使用は可能? VPN(専用回線による拠点間ネットワーク)による複数拠点でのシステム使用が必要です。専門スタッフがネットワーク構築に必要なアドバスをさせていただきますので、お気軽にご相談下さい

■動作環境


 
サーバー クライアント
日本語OS Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard(64ビット)
Windows Server® 2008 Standard(64ビット/32ビット)
Microsoft® Windows® 10Pro/8.1Pro/7Professional
※ インターナショナル版・日本語ランゲージパックは動作対象外となります。
Web ブラウザー Microsoft Internet Explorer® またはMicrosoft Edgeが必要です。
※ Microsoft Internet Explorerは、各OSでサポートされている最新のバージョンをご利用ください。
CPU Intel® Xeon CPU E3-1220 3.1GHz 同等以上 ※Quad Core(4コア)推奨 Intel® Core i3 同等以上を推奨
メモリ 4GB以上(8GB以上を推奨) 2GB以上を推奨
ハードディスク 必須空き容量:100GB以上
※ 総容量:300GB以上を推奨       
  • データ領域は別途必要になります。
  • 空き容量はデータ量やインストールソフトなどの利用状況によって異なります。
  • インストール時や製品動作時にはシステムドライブに一時ファイル領域が必要になります。
  • RAID構成必須、高速化と耐障害性の高い、RAID1orRAID5,6を推奨します。
空き容量 10GB以上を推奨
※ データ領域を含む
ディスプレイ 本体に接続可能で、上記日本語OSに対応したディスプレイ
解像度:1024×768以上必須、High Color(16ビット)以上を推奨
マウス / キーボード 上記日本語OS で使用可能なマウス /キーボード
日本語入力システム 上記日本語OSに対応した日本語入力システム
  • ※ 対応している文字コードは、JISコードの第1水準と第2水準です。その他の文字コードについては、代替文字または、ひらがなでご入力ください。
プリンター 上記日本語OS で使用可能なA4サイズ以上に対応したページプリンタ
データベース Microsoft SQL Server 2014 SP1
SQL Server 2012 SP2
SQL Server 2008 R2
  • データ領域は別途必要
  • 空き容量はデータ量やインストールソフトなどの利用状況によって異なります。
  • 旧バージョンのSQL ServerおよびSQL Server互換のMSDEなどがインストールされている環境にはインストールできません。
  • TCP/IPなどのネットワーク設定が正しく行われている必要があります。
TCP/IPなどのネットワーク設定が正しく行われている必要があります。
インターネット環境について インターネットに接続できる環境が必要です。
※ ウイルス対策その他、セキュリティソフトの導入が必須となります。
ネットワーク環境について 有線LAN環境での運用を推奨します。
※ 無線対応機器を使用する場合は、使用場所周辺の電波干渉の有無について確認されることを推奨します。
ディスクドライブについて 製品をDVD-ROMからインストールする場合はDVD-ROMドライブが必要です。
Excel®への書き出し機能を利用する場合 集計表などのデータをExcelに書き出す場合は、Microsoft Excel 2013以降が別途必要になります。
データ保護 故障や誤操作によるデータ喪失・消失に備え、定期的なデータバックアップ環境の構築を推奨します。
停電対策 落雷等による停電対策として、無停電装置の設置を推奨します。
故障時対策 コンピュータの故障時対策として、メーカーの保守契約加入を推奨します。
周辺機器 ハンディターミナルやプリンタその他、必要な機器はお問い合わせください。